研究業績
🏆

研究業績

説明
これまでの研究等の成果について、以下にまとめています。リスト形式、ボード形式、あるいはテーブル形式にて表示可能です。

リストビュー

3 views

リストビュー

Board

Table

🎙️
大杉 朱美 (2022). 視察困難なカウンターメジャーが隠匿情報検査に及ぼす影響. 第40回日本生理心理学会大会. 兵庫.
国内学会
日本生理心理学会
📄
皿谷 陽子・石橋 健太郎・大杉 朱美・宮崎 由樹・平 伸二 (2022). ふくやま草戸千軒ミュージアムでの心理学式お化け屋敷の取り組み—広島県立歴史博物館と福山大学の博学連携の事例の紹介— 福山大学人間文化学部紀要, 22, 33-42.
論文(査読無し)
福山大学人間文化学部紀要
🎙️
大杉 朱美 (2021). 自律系指標を用いた隠匿情報検査における符号化時の覚醒の効果. 日本心理学会第85回大会. (オンライン開催)
国内学会
日本心理学会
🏆
大杉 朱美 (2020). 日本学術振興会 科学研究費助成事業 若手研究 (Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Early-Career Scientists, Japan Society for the Promotion of Science, 2020-)
助成金
日本学術振興会科学研究費助成事業
💼
Osugi, A. (2020). The current status of polygraph in japan and the application of CIT technique. The 109 annual polygraph workshop (Online CIT workshop), Ministry of Justice in Taiwan. Online.
Workshop
Ministry of Justice in Taiwan
📄
Osugi, A. (2020). Polygraph tests as a method of detecting hidden information Methods and practice of using a polygraph in Japan. Lie Detection Scientific and Practical Journal, 1, 98-115.
論文(査読無し)
Ural Bureau Polygraph
🎙️
Osugi, A. (2020). Leakage problem and Distinguishability on the polygraph using the Concealed Information Test. The Real Practice of Polygraph Examiners Ⅷ, The first international online conference on lie detection, Association of Polygraph Examiners. Online.
国際学会
Ural Bureau Polygraph
📄
皿谷 陽子・大杉 朱美・平 伸二 (2020). 大学生によるサイバー防犯ボランティア活動の現状と課題 福山大学人間文化学部紀要, 20, 22-33.
論文(査読無し)
福山大学人間文化学部紀要
🏆
大杉 朱美 (2019). 日本学術振興会科学研究費補助金(研究活動スタート支援)(Grants-in-Aid for Scientific Research (KAKENHI), Grant-in-Aid for Research Activity start-up, Japan Society for the Promotion of Science (JSPS), 2019-)
助成金
日本学術振興会科学研究費助成事業
🎙️
大杉 朱美 (2019). P300を用いた隠匿情報検査における符号化時の覚醒の効果 小講演, 日本心理学会第83回大会. 大阪,日本.
国内学会
日本心理学会
📕
大杉 朱美 (2019). 現場の声10 科捜研の仕事 片山 順一 (編) シリーズ心理学と仕事 第2巻 神経・生理心理学 (pp. 116-124) 北大路書房 
著書
北大路書房
💼
Osugi, A. (2019). Training for polygraph examiners using practical examples: Keys and tactics to use the CIT for the criminal investigation effectively. Advanced training courses for specialists of polygraph examiners, Association of Polygraph Examiners. Ekaterinburg, Russia.
Workshop
Ural Bureau Polygraph
🎙️
Osugi, A. (2019). How to conduct the Concealed Information Test in Japan: Procedures and basic techniques. The actual practice of polygraph examiners Ⅶ, Association of Polygraph Examiners. Ekaterinburg, Russia.
国際学会
Ural Bureau Polygraph
🎙️
Osugi, A. (2019). Current status of polygraph usage in Japan: Overview and specific features. The actual practice of polygraph examiners Ⅶ, Association of Polygraph Examiners. Ekaterinburg, Russia.
国際学会
Ural Bureau Polygraph
📕
Osugi, A. (2018). Field findings from the concealed information test in Japan. In J. P. Rosenfeld (Ed.), Detecting concealed information and deception: Recent developments (pp. 97-121). Elsevier/Academic Press.
著書
Elsevier/Academic Press
📄
Osugi, A., & Ohira, H. (2018). Emotional arousal at memory encoding enhanced P300 in the Concealed Information Test. Frontiers in Psychology8, 2334, 1-11.
論文(査読有り)
Frontiers in Psychology
🎙️
Osugi, A. (2017). Effective use of the Concealed Information Test. The CIT Meeting in Fukuyama: Verification of new indices on CIT. Fukuyama, Japan.
研究会
CIT Meeting
💼
Osugi, A. (2017). Training of specialists of psychophysiological examinations (Polygraph techniques and chart evaluations techniques). Lithuanian Police Forensic Science Center. Vilnius, Lithuania.
Workshop
Lithuanian Police
📄
Osugi, A., & Ohira, H. (2017). High emotional arousal enables subliminal detection of concealed information. Psychology8, 1482-1500.
論文(査読有り)
Psychology
🎙️
大杉 朱美 (2016). 「ウソ発見」を科学する-情報検出型ポリグラフ検査の原理を探る- ライジングスターセッション1, 第34回日本生理心理学会大会. 名古屋.
国内学会
日本生理心理学会
🎙️
大杉 朱美 (2015). 日本式ポリグラフ検査-「ウソ発見器」はどう進化したか- ミニシンポジウム, 日本犯罪心理学会第53回大会.
国内学会
日本犯罪心理学会
🎙️
Osugi, A. (2014). Review and analysis of the practical data conducted in Japanese criminal investigation. International Organization of Psychophysiology, 17th World Congress of Psychophysiology. Hiroshima, Japan.
国際学会
International Organization of Psychophysiology
🏆
大杉 朱美 (2014). 日本学術振興会 科学研究費助成事業(奨励研究)(Grant-in-Aid for Encouragement of Scientists, Japan Society for the Promotion of Science, 2014-2015.)
助成金
日本学術振興会科学研究費助成事業
📕
大杉 朱美 (2013). ドメスティック犯罪 谷口 泰富・藤田 主一・桐生 正幸 (編)  現代社会と応用心理学7 クローズアップ犯罪 (pp. 86-95) 福村出版
著書
福村出版
🎙️
Osugi, A. (2011). Risk factors associated with dating violence perpetration among university students in Japan. 16th World Congress of the International Society for Criminology. Kobe, Japan.
国際学会
International Society for Criminology
🎙️
Osugi, A., & Ohira, H. (2011). Relationship between subjective evaluations by two emotional dimensions and P300 amplitudes for presented stimulus on the Concealed Information Test. Plenary meeting of the International Society for Research on Emotion. Kyoto, Japan.
国際学会
ISRE
🎙️
大杉 朱美・萩野谷 俊平・中村 翔太・真栄平 亮太 (2010). Concealed Information Testにおける否定表現を付加した復唱返答の効果 日本法科学技術学会第16回学術集会. 東京.
国内学会
日本法科学技術学会
📕
Osugi, A. (2011). Daily application of the Concealed Information Test: Japan. In B. Verschuere, G. Ben-Shakhar, & E. Meijer (Eds.), Memory Detection: theory and application of the Concealed Information Test (pp. 253-275). Cambridge: Cambridge University Press.
著書
Cambridge University Press
🎙️
Osugi, A. (2010). Gap and connection between laboratory research and field application of the CIT in Japan. International Organization of Psychophysiology, 15th World Congress of Psychophysiology.
国際学会
International Organization of Psychophysiology
🎙️
中村 翔太・池田 栄治・石原 安希子・大杉 朱美・大津 道歳・鈴木 博之・萩野谷 俊平・細谷 隆太・真栄平 亮太・森岡 博幸 (2009). CITにおける複勝返答の効果 日本法科学技術学会第15回学術集会. 東京.
国内学会
日本法科学技術学会
💼
大杉 朱美 (2009). 事象関連電位から考える(ワークショップ「ポリグラフ検査を考えるー感情的側面からのアプローチ」話題提供)日本心理学会第73回大会. 京都.
国内学会
日本心理学会
🎙️
Osugi, A. (2009). Training system of the polygraph examiners in Japan. The 9th CIT Meeting in Kyoto. Kyoto, Japan.
研究会
CIT Meeting
🎙️
大杉 朱美・水谷 充良・大平 英樹 (2009). P300を用いたConcealed Information Test ー模擬犯罪課題時の感情喚起の影響ー 第13回Fmθ研究会. 大阪.
研究会
Fmθ研究会
🎙️
Osugi, A. & Ohira, H. (2007). Relationship between emotional arousal and retention intervals in the Concealed Information Test (CIT). Society for Psychophysiological Research, 47th Annual Meeting. Savannah, US, October.
国際学会
Society for Psychophysiological Research
🏆
大杉 朱美 (2007). 日本学術振興会 科学研究費助成事業(特別研究員奨励費 DC1)(JSPS Research Fellowship for Young Scientists DC1, Japan Society for the Promotion of Science, 2007-2008.)
助成金
日本学術振興会科学研究費助成事業
🏆
大杉 朱美 (2006). 名古屋大学大学院環境学研究科学生研究活動支援事業 海外渡航助成(Grant-in-Aid for Travelling Overseas, Graduate school of Environmental Studies, Nagoya University, 2006.)
助成金
その他
🎙️
大杉 朱美・大平 英樹 (2006). 行為時の感情喚起がConcealed Information Testに及ぼす影響-時間的影響の検討- 日本心理学会第70回大会. 福岡.
国内学会
日本心理学会
💼
大杉 朱美 (2006). ERPによるウソ発見(ワークショップ 「犯罪捜査における記憶検査 -ERP,fMRI,NIRSによるウソ発見-」話題提供)日本心理学会第70回大会. 福岡.
国内学会
日本心理学会
🎙️
大杉 朱美 (2006). 行為時の覚醒がConcealed Information Testに及ぼす影響 -虚偽隠蔽の動機づけの必要性と覚醒の関連- 日本犯罪心理学会第44回大会. 神戸.
国内学会
日本犯罪心理学会
🎙️
大杉 朱美・大平 英樹 (2006). 行為時の感情喚起がConcealed Information Testに及ぼす影響-ERPおよび末梢指標の同時計測によるアプローチ- 日本生理心理学会第24回大会. 広島.
国内学会
日本生理心理学会
🏆
Osugi, A. (2005). Student Poster Award Society for Psychophysiological Research, 45th annual meeting of Society for Psychophysiological Research
受賞
Society for Psychophysiological Research
🎙️
Osugi, A. & Ohira, H. (2005). Effects of emotional arousal on lie detection: An ERP study. 45th annual meeting of Society for Psychophysiological Research, Lisbon, Portugal, September.
国際学会
Society for Psychophysiological Research
🎙️
大杉 朱美・大平 英樹 (2005). 行為時の感情喚起が虚偽検出検査時のERPに与える影響 日本心理学会第69回大会. 東京.
国内学会
日本心理学会
🎙️
大杉 朱美 (2005). 行為時の感情喚起が虚偽検出検査時のERPに与える影響-IAPSを用いて- 日本犯罪心理学会第43回大会. 札幌.
国内学会
日本犯罪心理学会
image

© 2022 OSUGI Lab.